ルイボスティー

ルイボスティー 副作用

ルイボスティーには副作用がありません。

古くから愛飲され続けているルイボスティー | 副作用はあるのでしょうか?

ルイボスティーは、天然のものでカフェインも無くタンニンも少量なので副作用はありません。

このルイボスティーの歴史は古く、原産地南アフリカでは約300年以上も前から愛飲されていたものです。

天然のもので、カフェインも含まれていないことから健康や美容のために今も多くの人が飲んでいます。

カフェインの含有量が多いコーヒーなどを飲みすぎると、中枢神経に影響を及ぼし、高血圧、リウマチなどを患ってしまうかもしれません。

ルイボスティーは普通に飲んでいれば、特別刺激を強くうけるとか何かしらの副作用があるといったことはありません。

ただし、どんなものでもそうですが過剰はいけません。

健康や美容に良いからと、たくさん飲めば効果があると勘違いしてしまう人も中にはいます。

しかし、過飲することによって体に負担をかけてしまう可能性があるのです。

これは多く飲みすぎたことによって引き起こされた症状であって、副作用とはいいきれません。

また、お茶などにはタンニンが多く含まれていますが、ルイボスティーには少ししか含まれていません。

タンニンは少量であれば副作用に関して問題はありません。

ルイボスティーのタンニンの含有量はお茶と比較すると多いため、副作用を引き起こすなどの恐怖をあおるような内容が書かれたサイトもありますが、そこまで心配する必要はないように思います。


インターネット販売 裁判

副作用といえば、最近、インターネットで医薬品を販売する訴訟でケンコーコムが厚生省に勝訴しました。

厚生省としては副作用がある医薬品をインターネットで販売してほしくないと思うのですが、

ケンコーコムは、きちんと説明すれば、副作用が防げるという立場だそうです。


インターネットでの販売と言えば、最近は何でもネットで買う事が出来るのでとても便利になっているなと実感しています。

例えば、自宅でよく購入しているのが食べ物です。

中でも、産地直送の物が多く、その季節ごとにメロンや蟹など色々な物を頼んでいます。

顔が見えない相手なので、私はよく口コミなどを参考に店を選んだりしています。

ルイボスティーは副作用はないので安心して飲めます。



ランキング 【口コミ】

(C) ルイボスティー