ルイボスティー

ルイボスティー 味

すっきりした味

ルイボスティーの味はペパーミントのようなスッキリ感はないですが、同じくらいスッキリとした後味になっています。

初めて飲まれる方は、他のお茶とちょっと味が違うのでびっくりされる方もおられるかもしれません。

カフェインが含まれていないので、スポーツの時の水分補給にも役立ちます。

私も子どもの頃は苦手な味でしたが、大人になると、好きなお茶のひとつになりました。

スッキリする飲み物として、ペパーミントティーやレモングラスのハーブティーなどがよく知られていると思います。

ペパーミントのハーブティーは匂いのそのままの味で、飲むと、気分もリフレッシュでき、お腹がすっきりした感じになります。

また、ミントティーを飲むと鼻のむずむずした感じがマシになるように思えます。

ペパーミントはハーブティーで使用されるほかに、アイスなどでもよく知られているハーブでもあります。

私は昔からチョコミント味のアイスが好きでよく買っていました。

レモングラスのハーブティーは、レモンよりはすっぱくなく、とても飲みやすい味になっています。

レモングラスも飲むと、気分がリフレッシュでき、お腹がスッキリと気持ちよくなった感じになります。

ルイボスティーもすっきりしたい時には最適のお茶です。

おいしいと思える事が大切だと思うので、お好みのお茶を探してみてください。


健康と美容に良いと評判のルイボスティーの味とは?

ルイボスティーは飲みやすい味ですが、茶葉の品質により味に違いが生じます。

ルイボスティーの味は、一般的に「ほんのりとした甘味とさわやかな後味」といわれています。

また、ルイボスティーはカフェインが一切含まれておらず、タンニンもわずかな量が含有されているだけなので、味に渋みや苦みを感じることはありません。

ですからコーヒーや紅茶が飲めない人でも、ルイボスティーなら飲めるのではないでしょうか。

実のところ、基本的な味は変わりませんが、販売されているメーカーによって若干味が異なるといわれています。

紅茶などもそうですが、同じ紅茶でもメーカーによって味と品質に違いが生じており、ルイボスティーでも同様なことがあるのです。

これは、どのような茶葉を使って作られたかによって左右されます。

良質な茶葉で作られたものですと、冷めてもまろやかな味わいが続くのですが、そうでない場合は時間が経つと苦みが出てしまうようです。

ルイボスティーはクセのない味なので、ハチミツやミルクを入れて飲んだり、料理に水の代わりに使ったりするのもよいでしょう。

ルイボスティーのオーガニック栽培されているものがありますが、一般的な栽培をされているものより味がよりまろやかでやさしいといわれています。

健康と美容に効果があり、飲みやすい味であることから年齢関係なく楽しめるので一度試してみてはいかがでしょうか。




ランキング 【口コミ】

(C) ルイボスティー